Skip Ribbon Commands Skip to main content
Share This

パルボテック®

​豚パルボウイルス感染症は、豚の異常産を特徴とする疾病です。
妊娠豚がPPVに感染すると、PPVは胎盤を経て胎子に感染し、胎子はミイラ化、白子、黒子など死産の原因となります。
繁殖障害を引き起こすだけでなく、PPVは豚サーコウイルス2型疾患(PCVD)の発症、重篤化にも重要な役割を果たすウイルスのひとつであると考えられています。
PPVは消毒薬や熱に非常に抵抗性があり、環境に強い耐性をもつウイルスであるため、農場から排除するのが困難です。
PPV感染症の予防には、定期的なワクチン接種が必須です。

 

パルボテックの特長
  • 高い免疫原性
    ●有効なアジュバントが含まれています。
    ●抗原量の最も多いPPV感染症不活化ワクチンです。
    ●PPVの感染防御が可能です。
  • 高い免疫持続性
    ●交配前の接種により、分娩から哺乳期まで高い抗体価が持続します。
    ●追加免疫は1回接種のみです。

 

 

パンフレットダウンロード[PDF/1.7MB]

使用説明書 ダウンロード(PDF)

 

©2017