Skip Ribbon Commands Skip to main content
Share This

ハイオレスプ®

柔軟性と優れたパンチ力を兼ね備えた、新しいMPSワクチン
ハイオレスプは水酸化アルミニウム加不活化ワクチンで、マイコプラズマ肺炎に対する新しい防御手段です。
 
抗原はフランスの国立獣医栄養センターが流行性肺炎に罹患した豚より分離したマイコプラズマ・ハイオニューモニエBQ14株由来です。

使用説明書 ダウンロード(PDF)

ハイオレスプ 

  1. 柔軟なワクチン接種プログラム、それぞれの農場に最も適したプログラムの選択が可能です。
    ハイオレスプは、以下のように用いることができる唯一のワクチンです:

    分娩舎における生後 3日齢から 3~ 4週間間隔の 2回接種

    離乳後の期間における 3~ 4週間間隔の 2回接種

    肥育開始期における 10週齢以降1回接種(遅い時期の感染の場合)

  2. 臨床上の効果と経済的効果が、数々の実験室内試験、及び野外試験で示されています。
    肺病変の軽減、増体重・飼料効率の改善、出荷日齢の短縮などが期待できます。
  3. 肥育期間終了までの有効性持続が臨床試験により確認されています。
  4. 種々の実験室内試験及び臨床試験で、安全性が証明されています。
    ハイオレスプは、生後 3日齢の子豚から使用できます。
  5. 水酸化アルミニウムアジュバントを使用、接種しやすく、投与部位への刺激や残留が少ないワクチンです。
  6. ノックアウトプログラム:初めて豚マイコプラズマ肺炎ワクチンを採用する場合、全頭接種が完了するまで、従来ワクチンの約半分の期間で済みます。
a

ハイオレスプ:柔軟性と優れたパンチ力を兼ね備えた、新しいMPSワクチン

ハイオレスプは水酸化アルミニウム加不活化ワクチンで、マイコプラズマ肺炎に対する新しい防御手段です。

抗原はフランスの国立獣医栄養センターが流行性肺炎に罹患した豚より分離したマイコプラズマ・ハイオニューモニエBQ14株由来です。

本株は大容量培養器で培養後、不活化されます。次に抗原は精製、濃縮、抗原力価を確認した後アジュバントが加えられます。

写真a:

マイコプラズマ・ハイオニューモニエ 透過型電子顕微鏡(25,000倍)ルテニウムレッド染色

写真b:

マイコプラズマ・ハイオニューモニエ(BQ14株)寒天培地上のコロニー(10倍)

s

■本ワクチンは細胞膜蛋白を含む蛋白複合体を主要抗原として含みます。

これらの蛋白の幾つかは、ワクチン接種豚における防御免疫反応を成立される上で、重要な役割を演じます。

その他の蛋白は、例えば呼吸気道線毛への付着のような病原因子です。

■水酸化アルミニウムの選択理由。

免疫増強及び抗原安定化の能力
Kobisch(1987)らは、水酸化アルミニウムがマイコプラズマ・ハイオニューモニエの細胞膜を含むワクチンにおいて、優れたアジュバントであることを示しています。

また、豚の全身及び局所への安全性が得られます。オイルアジュバントは肥育豚に使用するワクチンとしては適していないように思われます。

製造用株とアジュバント両者によって、ハイオレスプは有効性、安全性そしてマイコプラズマ・ ハイオニューモニエに対するより強力な防御となる柔軟性など、優れた利点を持つ新しいワクチンとなっています。

ハイオレスプの安全性:豚にやさしく肺炎をノックアウト!

マイコプラズマ・ハイオニューモニエは細胞壁を有していません。細胞壁のリポポリサッカライドを含有していないのでより優れた安全性が得られます。 用いられるアジュバント(水酸化アルミニウム)は、ワクチン接種後の全身または局所の反応の危険性をより小さくします。

   

ハイオレスプの安全性は、異なる条件において実験的に、また野外臨床試験において評価されています。

ハイオレスプ 1ドース(2mL)または、2ドース(4mL)が投与されました。

3日齢から 10週齢のSPFおよび通常の豚が用いられました。

これらの豚はマイコプラズマ・ハイオニューモニエ抗体陰性または抗体陽性の母豚から生まれたものです。

   

直腸体温および可能性のある全身的な反応の記録を含む詳細な子豚の臨床観察を実施しました。局所の安全性はワクチン接種後の異なる期間における筋肉注射部位の慎重な剖検によって評価しました。

   

感染母豚から生まれた 3日齢の子豚を含む幾つかの野外臨床試験では、全身的反応(虚脱、 嘔吐、呼吸困難、食欲不振、振戦)は記録されませんでした。 第 1回及び第 2回投与後とも高体温は認められませんでした。

世界的に、ハイオレスプの 1ドースまたはオーバードースそして 1ドースの繰り返し投与後の異常反応は認められませんでした。
と殺時に廃棄処分となるような局所反応は報告されませんでした。

 

©2017